従業員の人数から
最適プランをご紹介

従業員数
20人未満

さぁ、まずは従業員数で導入が
どんなに便利かご確認ください。

こういった問題意識ありませんか。

小規模事業向け

経理や人事労務などバックオフィスに関するデータをクラウドで連携し、業務の自動化を実現することで、
生産性向上・経営の見える化を実現できることがクラウド会計の強みです。

  • 確定申告時期が憂鬱だ。
  • 経理を担当するスタッフを雇用したいがそこまでの仕事量でもない。
  • 所得がどのくらいになり、税金がどれぐらい必要になるか
    早く知っておきたい。
  • とにかく経理業務が苦手だ。
  • 顧問契約をもっと安くしたい。
  • 経理に時間を取られたくない。

good job cloudの対応

  • ヒアリング

    試算表作成のために必要な情報を確認します。

  • 改善点の提案

    できる限り手間を掛けずに試算表が作成できる提案を行います。

  • クラウド会計への移行

    クラウド会計への移行プロジェクトを計画し実行のお手伝いを行います。

※小規模事業向けの場合は、税務申告とセットとなります。

お客様で準備して頂くこと

クラウド会計を導入するだけでは残念ながら
試算表が簡単に作成できるわけではありません。

クラウド会計は日進月歩で進化していますが、
それでもユーザー側の工夫がなければ効率化はできません。
まだ、服に身体をあわすようなところがあります。
特に個人事業主の場合はクレジットカードに
事業と家事(事業以外のこと)の経費が混在したり、
同様に預金口座に事業と家事の
入出金が混在することがありますが、
事業専用のクレジットカードや預金口座に切り替えたり、
交通費精算のために新しく交通系IC カードを
作成したりするなどの対応がでてきます。

費用について